コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初級シスアド しょきゅうしすあど

1件 の用語解説(初級シスアドの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

初級シスアド

システムエンジニアのようにシステムを作る側でなく、利用者の立場から社内・部署内の情報化の促進を図るリーダーを育成する目的でもうけられた国家資格です。初級と上級があり、初級は情報システムに関する知識を持ち、部署内の情報化を促進したり、問題解決を行えるレベルを求められる。春秋年2回の試験がある。問い合わせ先は、(財)日本情報処理開発協会情報処理技術者試験センター

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初級シスアドの関連キーワードサブシステムシステムエンジニアナレッジエンジニアシステムエンジニアリングオープン・システム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone