初雷(読み)はつらい

精選版 日本国語大辞典「初雷」の解説

はつ‐らい【初雷】

〘名〙 =はつかみなり(初雷)・春》
※俳諧・享和句帖‐三年(1803)一一月一八日「初やえぞの果迄御代の

はつ‐かみなり【初雷】

〘名〙 その年初めて鳴る雷。はつらい。
※俳諧・増山の井(1663)二月「はつがみなり 初稲びかり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android