三年(読み)さんねん

精選版 日本国語大辞典「三年」の解説

さん‐ねん【三年】

〘名〙
① 一年の三倍。みとせ。三か年。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ことをひき、文を誦(ず)して、なほ聞くに、三年この木の声たえず」
多く年月。久しい期間。
近世、鎌倉の東慶寺(通称縁切寺)での参籠の年限。この寺に逃げ込んで三年たつと、女性側からの離婚請求が認められる習慣があった。
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)松三「三年寺のめしを喰い」
④ 味噌をいう隠語。〔滑稽本・小野譃字尽(1806)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三年」の解説

さん‐ねん【三年】

1年の3倍。3か年。みとせ。また、多くの年月。「の上にも三年
第3学年。「高校三年

み‐とせ【三年/三歳】

3か年。さんねん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android