コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判始め ハンハジメ

デジタル大辞泉の解説

はん‐はじめ【判始め】

室町時代、将軍が就任して初めて御教書(みぎょうしょ)花押(かおう)を署した儀式。御判始め。
江戸幕府年中行事の一。正月3日、営中で老中の首席から順次に花押を自署した政務始めの儀式。御判始め。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんはじめ【判始め】

室町時代、将軍が位について、初めて御教書みぎようしよに花押かおうを自署した儀式。
江戸時代、毎年正月三日に、老中が順番に花押を自署した儀式。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

判始めの関連キーワード江戸時代室町時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android