コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利己心 リコシン

デジタル大辞泉の解説

りこ‐しん【利己心】

自分の利害だけをはかって、他人のことを考えない心。「利己心だけで行動する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りこしん【利己心】

自分の利益だけを考え、他人の迷惑をかえりみない心。 「 -むきだしの行為」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の利己心の言及

【古典派経済学】より

…アダム・スミスは古典派経済学の基礎を築いたが,彼は,社会科学全体のなかで経済学を扱うという広い視野をもち,またいろいろな面でバランスのとれた見解をもっていた。スミスによれば,人間は利己心のほかに〈同感の原理〉をもつ。その同感の原理による是認という営みがいろいろな徳性を自立させる根源であり,〈正義〉もそのような徳性の一つとして自立するが,それは社会存立の不可欠の条件である。…

※「利己心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

利己心の関連キーワードヒューム(David Hume)オナイダ・コミュニティホモ・エコノミクスヒューディブラスラ・ロシュフコープーフェンドルフウィンスタンリー稲妻(映画)ヒンドゥー教熱火子に払うアハンカーラ自由放任主義ゴドウィン社会思想史見えざる手ホッブズ経済倫理クニース一般意志経済思想

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利己心の関連情報