コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利潤率低落の傾向 りじゅんりつていらくのけいこう tendency of the falling rate of profit; tendenzieller Fall der Profitrate

1件 の用語解説(利潤率低落の傾向の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利潤率低落の傾向
りじゅんりつていらくのけいこう
tendency of the falling rate of profit; tendenzieller Fall der Profitrate

資本主義社会においてみられるとされている,経済が発展し資本蓄積が進むにつれて利潤率が次第に低下していくという傾向。この命題は簡単な形では A.スミスによってすでに触れられ,D.リカードによって土地収穫逓減の法則や T.R.マルサス人口法則と結合したうえで古典学派の長期動態論として定式化されて,その基幹的命題の一つとされたが,K.マルクスは『資本論』第3巻第3編においてそれをさらに法則化して次のように主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利潤率低落の傾向の関連キーワード科学的社会主義議会主義資本主義社会独占資本主義貧困ブルジョアジー労働者階級赤禍労働問題《資本主義・社会主義・民主主義》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone