コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益保護国 りえきほごこくprotecting powers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利益保護国
りえきほごこく
protecting powers

一方交戦国の権力内にある他方交戦国民の利益保護を託された国のこと。戦争その他の武力紛争によって国交が断絶すると外交使節団が引揚げ,相手国の権力内にある自国民 (在住者,捕虜など) の保護が困難になる。そこで中立国が依頼を受けて利益保護国となる制度が設けられている。第2次世界大戦中,日本が依頼した利益保護国はスイスとスウェーデンであり,アメリカ,イギリスなどの日本における利益保護国はスイス1国であった。利益保護国の役割についてはジュネーブ条約に詳細な規定がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利益保護国
りえきほごこく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

利益保護国の関連キーワード非武装地帯赤十字

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android