コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交使節団 がいこうしせつだんdiplomatic mission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外交使節団
がいこうしせつだん
diplomatic mission

一国を代表し,外国または国際機関に派遣される使節 (長および随員) 。外交使節団の長を単に外交使節と呼ぶ場合もある。通例,任地国に公館を構えて常時任務を遂行する。ウィーン外交関係条約によれば,外交使節団の任務は (1) 派遣国を代表すること,(2) 派遣国国民の利益を保護すること,(3) 接受国政府と交渉すること,(4) 接受国の情報を適法な手段で確認し本国に報告すること,(5) 接受国との友好関係を促進することなどである。外交使節団の長はまず相手国の同意 (→アグレマン ) を得たのちに派遣され,信任状を接受されてから外交活動を行う。 (→特別使節団 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外交使節団
がいこうしせつだん
diplomatic mission

外交使節団は、大使公使などの使節団の長(外交使節)と使節団の職員から構成される。使節団の職員には、外交官の身分をもつ外交職員、会計・電信などの仕事をする事務技術職員、受付・運転・料理などを担当する役務職員とがある。使節団の設置は、国家相互の合意によって行われるが、具体的に人を派遣する場合には、アグレマンやペルソナ・ノン・グラータの制度がある。使節団は外交関係の処理を任務とするが、とくに接受国において派遣国を代表すること、派遣国とその国民の利益保護、接受国政府との交渉、友好関係の促進、接受国における各種情報の収集などがおもな職務である。なお使節団がこれらの職務を能率的に遂行するために、外交特権の制度が認められている。[広部和也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

外交使節団の関連キーワード外交関係に関するウィーン条約朝鮮通信使遺跡グリボエードフ長野 桂次郎特命全権大使カラハン宣言アタッシェヤコブソンドラクロワ外交公のう利益保護国高等弁務官通商代表部朝鮮通信使外交公館要人警護親善使節全権委員駐在武官信任答状

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外交使節団の関連情報