利鎌(読み)とかま

精選版 日本国語大辞典「利鎌」の解説

と‐かま【利鎌】

〘名〙 (後世「とがま」とも) 鋭切れ味のよい鎌。
※古事記(712)中・歌謡「ひさかたの 天の香具山 斗迦麻(トカマ)さ渡(くび) 弱細(ひはぼそ) 手弱腕(たわやがひな)を 枕(ま)かむとは」
※延喜式(927)祝詞彼方の繁木が本を、焼鎌の(とがま)以ちて、打ち掃ふ事の如く」
[補注]「古事記伝‐二八」以来、挙例の「古事記」の「とかま」も「利鎌」と解されてきたが、「と」は「とし」(鋭・利・敏)の語幹として、「かま」は「かまし」「かまびすし」の語幹で、鋭くやかましく鳴きわたるものと見る説がある。これによれば、「古事記」の「とかま」は他の「利鎌」とは別語とすべきことになる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「利鎌」の解説

と‐がま【利鎌】

《「とかま」とも》よく切れる鎌。切れ味のよい鎌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android