刳貫・刳抜(読み)くりぬき

精選版 日本国語大辞典の解説

くり‐ぬき【刳貫・刳抜】

〘名〙
① くりぬくこと。えぐって穴をあけること。また、くりぬいたところや、くりぬいてつくったもの。
※東遊雑記(1789)一三「すべて岩石の間を乗通る漁舟は、大なるも皆々くりぬきにしてあり」
② 船具の一つ。船が停泊しているときに使う替水縄(かえみなわ)。〔和漢船用集(1766)〕

くり‐ぬ・く【刳貫・刳抜】

〘他カ五(四)〙 えぐって穴をあける。えぐって中のものを取り出す。
※御伽草子・田村の草紙(室町時代物語集所収)(室町末)「今は海中に岩をくりぬきて、ひきこもり候あひだ」
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉謝肉祭「柚子(みかん)の皮を刳(ク)りぬきて作りし眼鏡なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android