コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激量の法則 law of stimulus quantity

1件 の用語解説(刺激量の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

刺激量の法則【law of stimulus quantity】

積法則*双曲線法則*ともいう.生体にある特定な種類の応答を引き起こす刺激量の閾値が,刺激の強さや持続時間にはかかわらず一定となる.すなわち刺激の強さ I と継続時間 t とすると,刺激量は I×t であり,その際の閾時を t′ とすれば,I×t′=一定となる.この場合刺激の強さ‐継続時間曲線は直角双曲線となる.光刺激の場合にはブンゼンロスコーの法則に一致する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺激量の法則の関連キーワードクラークの体表面積法則進化性逓減の法則生層序発展の法則積法則双曲線法則(=刺激量)熱平衡の法則比例の法則メンデルの遺伝法則モレル‐モットの法則ローザの法則

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone