コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激量の法則 law of stimulus quantity

法則の辞典の解説

刺激量の法則【law of stimulus quantity】

積法則*双曲線法則*ともいう.生体にある特定な種類の応答を引き起こす刺激量の閾値が,刺激の強さや持続時間にはかかわらず一定となる.すなわち刺激の強さ I と継続時間 t とすると,刺激量は I×t であり,その際の閾時を t′ とすれば,I×t′=一定となる.この場合刺激の強さ‐継続時間曲線は直角双曲線となる.光刺激の場合にはブンゼン‐ロスコーの法則に一致する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

刺激量の法則の関連キーワード双曲線法則(=刺激量)積法則

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android