コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺(し)身のつま サシミノツマ

デジタル大辞泉の解説

さしみ‐の‐つま【刺(し)身のつま】

刺身を引き立てるために添えられる野菜や海藻など。転じて、添えもの程度の軽い役割しか担っていないもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さしみのつま【刺身のつま】

刺身の添えものにする野菜や海藻。
あってもなくても、どうでもよいもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刺(し)身のつまの関連キーワードハマボウフウ(浜防風)フードプロセッサーエディブルフラワー海髪海苔・於胡海苔フノリ(布海苔)刺し身・刺身ハマボウフウぼんとく蓼オキツノリトサカノリタデ(蓼)キリンサイカバノリ花丸胡瓜オゴノリ蛇籠胡瓜ツノマタ削り防風興津海苔鶏冠海苔

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android