コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

則重 のりしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

則重 のりしげ

?-? 鎌倉時代の刀工。
越中(富山県)の人。鎌倉で国光(くにみつ)にまなぶ。正宗(まさむね)とは相弟子とつたえられる。元亨(げんこう)4年(1324)銘の短刀がある。姓は佐伯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

則重

生年:生没年不詳
鎌倉後期の越中(富山県)の刀工。江戸時代の刀剣書の多くは相州正宗の弟子としているが,正宗より時代の古い正和3(1314)年銘の短刀があり,今日では『喜阿弥銘尽』に記すように新藤五国光の弟子とみられている。新藤五国光によって創始された鍛え,刃文が強い,いわゆる相州伝の作風は正宗によって完成をみたが,その地刃の沸の強さをより強調したのが則重である。太刀の在銘作はわずか2点に過ぎないが,短刀は多く,先鋭感のある独特の作り込みで,板目が肌立って,地景と呼ばれる硬度の異なる肌目が表れ,また刃文は互の目に丁字が交じり,沸が強く付くのが特徴である。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

則重の関連キーワード山本 東次郎(3代目)国籍条項[公務員]山本東次郎(3代)山本東次郎(3世)山本東次郎パリティ鎌倉時代秋山義時抛入花楊心流日本刀繁慶真景

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android