コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯 さいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐伯
さいき

広島県南西部,廿日市市北部の旧町域。中国山地にあり,西で山口県と接する。 1955年津田町と玖島村,浅原村,四和村,友和村の4村が合体して佐伯町が発足。 1982年「さえき」から「さいき」に呼称を変更。 2003年廿日市市に編入される。中心集落の津田は廿日市から島根県津和野に通じる街道沿いの要地であった。ほとんどが山岳地帯で,木材加工のほか果樹栽培,ニシキゴイの養殖も行なわれる。西広島バイパスの開通で,東部では住宅団地の進出がみられる。飯山ダムなどから大竹市岩国市の工業地帯へ工業用水を送る。岩倉温泉,羅漢温泉や万古渓の景勝地がある。南西部の三倉岳一帯は三倉岳県立自然公園に属する。

佐伯
さえき

岡山県南東部,和気町西部を占める旧町域。吉井川中流域にある。 1955年山田村,塩田村,佐伯村の3村が合体して町制施行。 2006年和気町と合体。地名はもと佐伯市場があったことに由来。中心地区の佐伯はかつて岡山藩家老土倉氏1万石の陣屋町で,吉井川舟運の河港としても栄えた。米作のほかかんぴょう,コンニャク,ブドウを産する。たたら製鉄の跡や,本久寺がある。一部は吉井川中流県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さいき【佐伯】

大分県南東部にある市、もと毛利氏の城下町パルプ水産加工業が盛ん。小半(おながら)鍾乳洞がある。平成17年(2005)3月に南海部(みなみあまべ)郡8町村と合併し、佐伯湾以南、宮崎県境にいたる海岸部から、傾(かたむき)山までの広い地域を占める。人口7.7万(2010)。

さえき【佐伯】[地名]

広島市の区名。同市西部を占める。もと佐伯郡五日市町と湯来(ゆき)町。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいき【佐伯】

大分県南東部、佐伯湾に臨む市。旧城下町。パルプ・製材・セメント工業が盛ん。「いりこ」を特産。

さえき【佐伯】

姓氏の一。大和朝廷以来、武力をもって朝廷に仕えた古代の名族。大伴氏と同祖とされ、連むらじ姓のち宿禰すくね姓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佐伯の関連キーワード大分県佐伯市米水津宮野浦大分県佐伯市米水津竹野浦大分県佐伯市米水津色利浦大分県佐伯市鶴見沖松浦大分県佐伯市中ノ島東町大分県佐伯市鶴見地松浦大分県佐伯市鶴見丹賀浦大分県佐伯市直川上直見大分県佐伯市直川下直見大分県佐伯市直川仁田原大分県佐伯市鶴見中越浦大分県佐伯市弥生山梨子大分県佐伯市米水津小浦大分県佐伯市弥生大坂本大分県佐伯市弥生細田大分県佐伯市弥生尺間大分県佐伯市直川横川大分県佐伯市弥生小田大分県佐伯市弥生門田大分県佐伯市女島団地

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐伯の関連情報