コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯 さいき

7件 の用語解説(佐伯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐伯
さいき

広島県南西部,廿日市市北部の旧町域。中国山地にあり,西で山口県と接する。 1955年津田町と玖島村,浅原村,四和村,友和村の4村が合体して佐伯町が発足。 1982年「さえき」から「さいき」に呼称を変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

佐伯
さえき

岡山県南東部,和気町西部を占める旧町域。吉井川中流域にある。 1955年山田村,塩田村,佐伯村の3村が合体して町制施行。 2006年和気町と合体。地名はもと佐伯市場があったことに由来。中心地区の佐伯はかつて岡山藩家老土倉氏1万石の陣屋町で,吉井川舟運の河港としても栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいき【佐伯】

大分県南東部にある市、もと毛利氏の城下町パルプ水産加工業が盛ん。小半(おながら)鍾乳洞がある。平成17年(2005)3月に南海部(みなみあまべ)郡8町村と合併し、佐伯湾以南、宮崎県境にいたる海岸部から、傾(かたむき)山までの広い地域を占める。人口7.7万(2010)。

さえき【佐伯】[地名]

広島市の区名。同市西部を占める。もと佐伯郡五日市町と湯来(ゆき)町。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいき【佐伯】

大分県南東部、佐伯湾に臨む市。旧城下町。パルプ・製材・セメント工業が盛ん。「いりこ」を特産。

さえき【佐伯】

姓氏の一。大和朝廷以来、武力をもって朝廷に仕えた古代の名族。大伴氏と同祖とされ、連むらじ姓のち宿禰すくね姓。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐伯の関連情報