コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

削り掛けの神事 ケズリカケノシンジ

デジタル大辞泉の解説

けずりかけ‐の‐しんじ〔けづりかけ‐〕【削り掛けの神事】

京都祇園(ぎおん)の八坂神社で、大晦日(おおみそか)から元旦にかけて行われる神事。神木からつくった6本の削り掛けを焼き、煙の方向で豊凶を占う。参詣人はその火を火縄に移して持ち帰り、雑煮を煮る。→朮祭(おけらまつり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けずりかけのしんじ【削り掛けの神事】

京都の八坂神社で行われた神事。12月28日に神官がきりだして社内の金灯籠に移した火を、元旦の丑うしの刻に一二本の削り掛けの木に移し、おけらを加えて焼く。その煙の流れる方向により、丹波国(西)と近江国(東)の豊凶を占う。参詣人は悪口を言い合い、勝つと吉兆を得るともいい、また、この火を火縄に移して家に帰り、元日の雑煮を煮た。 → おけら祭り

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

削り掛けの神事の関連キーワード朮祭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android