コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火縄 ヒナワ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐なわ〔‐なは〕【火縄】

檜(ひのき)の皮、竹の繊維または木綿糸などを縒(よ)ってを作り、これに硝石を吸収させたもの。火持ちがよいので点火に用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひなわ【火縄】

竹・檜ひのきの皮の繊維、木綿糸などを縄状にしたもの。よく燃えるように硝石をしみ込ませたものもある。火縄銃の発火、タバコの火つけなどに用いた。
「火縄売り」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

火縄[その他(工芸)]
ひなわ

東海地方、三重県の地域ブランド。
名張市で製作されている。名張市小波多地区で火縄の生産が始まったのは、江戸時代の1668(寛文8)年頃といわれる。火縄はもともと火縄銃に使用されたものであった。現在は、主として京都八坂神社のおけら火に使用されている。三重県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

火縄の関連キーワード市川小団次(4代)市川小団次(4世)種子島(火縄銃)切り火縄・切火縄鉄砲鍛冶(かじ)削り掛けの神事車輪式引き金銃マスケット銃切り火縄一寸市川小団次種子島銃明和伎鑑東海地方火縄売り火縄筒喫煙具高島屋火挟み火時計鉄砲串

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火縄の関連情報