火縄(読み)ヒナワ

大辞林 第三版の解説

ひなわ【火縄】

竹・檜ひのきの皮の繊維、木綿糸などを縄状にしたもの。よく燃えるように硝石をしみ込ませたものもある。火縄銃の発火、タバコの火つけなどに用いた。
「火縄売り」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

火縄[その他(工芸)]
ひなわ

東海地方、三重県の地域ブランド。
名張市で製作されている。名張市小波多地区で火縄の生産が始まったのは、江戸時代の1668(寛文8)年頃といわれる。火縄はもともと火縄銃に使用されたものであった。現在は、主として京都八坂神社のおけら火に使用されている。三重県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火縄の関連情報