コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朮祭/白朮祭 オケラマツリ

デジタル大辞泉の解説

おけら‐まつり〔をけら‐〕【朮祭/白朮祭】

京都の八坂神社で、大みそかから元旦にかけて行われる祭り。火鑽(ひき)りで点じた火でオケラの根、柳の削り掛けを燃やして、かがり火にする。参詣(さんけい)人はそれを火縄に移して持ち帰り、雑煮を煮る火種とする。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朮祭/白朮祭の関連キーワード削り掛けの神事白朮参り悪口祭白朮火朮参り白朮祭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android