コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中耳 ちゅうじ middle ear

翻訳|middle ear

6件 の用語解説(中耳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中耳
ちゅうじ
middle ear

中耳腔 (鼓室) と耳管からなり,聴覚の伝音機能を受けもつ部位。中耳腔には三つの耳小骨すなわちツチ骨,キヌタ骨アブミ骨があり,音の振動を内耳に伝える。これは体内における最小の骨である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じ【中耳】

外耳内耳との間の部分。鼓室耳管からなり、空気で満たされている。鼓室には耳小骨があって鼓膜の振動を内耳に伝え、耳管は咽頭(いんとう)に通じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中耳【ちゅうじ】

の一部で外耳道と内耳の間にある鼓室を主体とする。鼓室は外耳道と鼓膜で境され,内部に3個の耳小骨を含み,鼓膜の振動を内耳に伝える。後方は乳様突起内の乳突蜂巣(ほうそう)に通じ,下方は耳管となって咽頭に通じる。
→関連項目耳鳴り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうじ【中耳 middle ear】

両生類以上の脊椎動物つまり四足動物において,鼓膜の奥にある空間とそこに含まれる構造物をまとめて中耳という。中耳は内耳(哺乳類では外耳が加わる)とともに耳を構成する。現存の軟骨魚類では,咽頭の両側に数対の鰓孔(えらあな)があり,その前方背方に小さい呼吸孔(噴水孔)がある。これは,顎骨をまだもっていなかった軟骨魚類の祖先において多数の対をなして並んでいた内臓弓(えらの骨格)のうち,最前方のもの(顎弓)がやがて顎骨に,第2のもの(舌弓)が舌骨に変化したとき,それらに挟まれた鰓孔が退化縮小して残存したものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうじ【中耳】

脊椎動物の耳の一部。両生類以上に発達し、哺乳類では外耳と内耳との中間にあり、鼓膜・鼓室・耳小骨・エウスタキオ管からなる。外耳を通って入ってきた音が鼓膜を振動させ、この振動が鼓室内にある三つの耳小骨(つち・きぬた・あぶみ)の連結を介して内耳に伝えられる。一方、咽頭腔に開口するエウスタキオ管は、外気を通じて鼓室内の気圧を調節する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中耳
ちゅうじ

耳の一部で、外耳と内耳との中間に位置し、外耳の外耳道とは鼓膜が境となっている。中耳の主要部分は鼓室で、これは鼓膜のすぐ内側の腔(くう)である。鼓室の前方壁には耳管が連なる。鼓室の後方には副腔として乳突洞や乳突蜂巣(ほうそう)がある。鼓膜は直径約1センチメートルの薄い膜で、外面は外耳道の皮膚の続きであるが、内面は粘膜に覆われる。鼓膜はやや外前方に傾いているため、鼓室腔もこの傾きと同じような傾きをとり、全体として6面をもった両凹レンズのような形をしている。鼓室腔の上方には、3個の耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨。解剖学では片仮名表記)が突出している。連結している耳小骨は、全体として鼓膜と内耳の前庭窓とをつないでいる。鼓室の前壁の耳管鼓室口から出る耳管は、前下方から下内前方に向かって走り、咽頭(いんとう)に開く。この耳管が閉塞(へいそく)すると、鼓室の空気は陰圧となり、鼓膜が鼓室側に陥凹して振動が弱くなり、音が聞きにくくなる。また、耳管は鼻腔や咽頭から感染源を持ち込んで、急性中耳炎などをおこしやすい。乳突洞は鼓室の後上方にある直径1センチメートルほどの腔で、この腔の下方に乳突蜂巣がある。乳突蜂巣は側頭骨の乳様突起の内部構造にあたり、海綿状構造で多数の小腔からできている。これらの小腔は、内部に空気を含むことから、含気蜂巣という。この部分に細菌が侵入して乳様突起炎をおこすと、薬剤が効きにくく、治療が困難となる。乳様突起炎は中耳炎からも併発しやすい。鼓膜には知覚神経が分布しているため、きわめて痛覚が鋭敏である。[嶋井和世]

動物の中耳

中耳は、鼓膜と内耳の間の部分で、両生類以上の脊椎(せきつい)動物にある。空気の振動を増幅し、聴覚受容器のある内耳に伝える役割をする。鼓室、鼓膜、耳管(エウスターキョ管)、耳小骨(鼓室小骨)からなる。魚類には中耳はないが、サメ類では第1鰓裂(さいれつ)の痕跡(こんせき)である呼吸口が中耳に相同であるとされている。鼓膜と内耳を結ぶ耳小骨は、両生類、爬虫(はちゅう)類、鳥類では柱状で耳小柱とよばれ、魚類の舌顎(ぜつがく)軟骨に由来する。哺乳(ほにゅう)類の耳小骨は、鼓膜につく槌骨(つちこつ)、内耳の前庭窓につく鐙骨(あぶみこつ)、両者を介在する砧骨(きぬたこつ)の3骨よりなる。鐙骨は耳小柱と相同であるといわれる。槌骨、砧骨は、魚類のあごの関節骨と方形骨がそれぞれ変化し、中耳内に収まったものであるとされる。耳管は下等魚類の排水孔に由来し、鼓膜の両側の気圧を等しく保つ役目をもつ。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中耳の言及

【聴覚】より

… 脊椎動物は例外なく聴覚器官をもっている。魚類の聴覚器官は内耳だけからなり,いわゆる中耳や外耳を欠く。コイやナマズのようなコイ類(骨鰾(こつひよう)類)では中耳の代りにウェーバー器官があり,音はうきぶくろからウェーバー小骨連鎖を経て内耳に伝わる。…

【耳】より

…脊椎動物の頭部にある有対の感覚器官で,平衡覚と聴覚をつかさどる。ふつう〈耳の形〉などというときには,哺乳類の頭の両側に突出した耳介を指すが,解剖学的にいえば耳には内耳,中耳,外耳の3部分が含まれる。内耳は刺激を受容する中心的部分で,最も奥深く位置し,進化的にみて最も由来が古く,すべての脊椎動物が例外なく備えるものである。…

※「中耳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中耳の関連キーワード血リンパ原口原索動物原腸後生動物鼓膜上腕骨発生微胞子虫目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中耳の関連情報