コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前狂言 マエキョウゲン

デジタル大辞泉の解説

まえ‐きょうげん〔まへキヤウゲン〕【前狂言】

歌舞伎で、脇狂言のこと。
京坂の歌舞伎で、一番目狂言の称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まえきょうげん【前狂言】

江戸時代、歌舞伎で三番叟さんばそうと大序との間に演じられた狂言。脇狂言。
明治末頃まで京坂の歌舞伎で、一番目狂言の称。中なか狂言・切きり狂言に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の前狂言の言及

【一番目】より

…明治以後時代の変化に応じて狂言の種類が複雑になり,東京では一番目,中幕,二番目,大切(おおぎり)という,並列式の狂言立てが行われるようになった。京阪では一番目に当たる狂言を前狂言と呼んでいる。時代物二番目【山本 二郎】。…

※「前狂言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前狂言の関連キーワード山本 東次郎(3代目)カーテンレーザー一番目狂言野村万蔵三番叟大序狂言

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android