コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大序 ダイジョ

4件 の用語解説(大序の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐じょ【大序】

義太夫節で、時代物の第一段の最初の部分。特に、「仮名手本忠臣蔵」の第一段「鶴ケ岡」の段をさし、歌舞伎でもこの場の通称に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょ【大序】

時代物浄瑠璃の最初の部分の称。原則的には5段組織の作品の初段の口をいう。曲節面でも一定の型がある。むずかしい漢語を並べた序詞で始まり大オロシがあって本筋に入り,最後は大三重で終わるのが通常。初期は大序を,能楽の翁に擬し櫓下(やぐらした)の太夫(一座の最高位の太夫)が勤めたが,時代が下るに従って開幕の軽い場面の扱いになり,若い太夫が三味線の勉強の場として御簾(みす)内で語り継ぐ形式が定着した。歌舞伎で大序といえば《忠臣蔵》のそれを指すことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいじょ【大序】

歌舞伎で、最初の幕。序幕。
時代物の浄瑠璃で、第一段の発端の小段をいう。また特に、「仮名手本忠臣蔵」の第一段「鶴岡の段」のこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大序
だいじょ

浄瑠璃(じょうるり)用語。時代物の浄瑠璃(原則として五段組織)の第一段のうち、最初の部分をいう。本来「大序」は祝言の意義を担うものとして重んじられ、一座の最高位の太夫(たゆう)が語ることになっていた。時代が下ると宗教的意義が忘れられて軽視されるようになり、修業中の若い太夫が稽古(けいこ)のために交代で御簾内(みすうち)で語るようになる。『仮名手本忠臣蔵』の大序はとくに有名で、丸本(まるほん)物としてはこれだけが荘重な儀式的性格を長く伝承してきたため、今日、歌舞伎で「大序」といえば、『忠臣蔵』のそれをさすことばになっている。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大序の言及

【義太夫節】より

…とくに三段目の切は紋下(櫓下(やぐらした))が語る場として重んじられ,近年では,四段目の切もそれと同等に扱われることが多い。なお,初段の口は大序と称し,18世紀半ばまでは紋下の役場であったが,以後は初心者の修業の場と変じた。また,切場のあとに短い独立場面の落合(おちあい)(跡(あと))がつくこともある。…

※「大序」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大序の関連情報