コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田了白 まえだ りょうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田了白 まえだ-りょうはく

1835-1899 幕末-明治時代の篆刻(てんこく)家。
天保(てんぽう)6年生まれ。東京深川にすみ,茶道をよくした。和歌,俳諧(はいかい),音楽など多趣味で,帝室博物館の鑑定顧問をつとめた。明治32年12月18日死去。65歳。別号に羽白,対山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前田了白の関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)[各個指定]芸能部門リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフフランツフランツグロ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone