コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田光世 まえだ みつよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田光世 まえだ-みつよ

1878-1941 明治-昭和時代前期の柔道家。
明治11年生まれ。37年富田常次郎と渡米して柔道を紹介,指導。また欧米や中南米で公開他流試合をおこなって無敗をほこり,コンデコマ(高麗(こま)伯爵)とよばれ,のちグレーシー柔術の基礎をつくった。講道館7段。大正4年よりブラジルベレンに定住し,日本人のアマゾン入植に尽力。昭和16年11月28日死去。64歳。青森県出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

前田光世

没年:昭和16.11.28(1941)
生年:明治11(1878)
明治期の柔道国際化の一匹狼的功労者。青森県出身。幼名栄世。東京専門学校(早大)に学び,講道館入門の翌年無段者の部三本勝負で14,5人投げ飛ばし,のち三羽烏の一と称された。明治37(1904)年4段の時に富田常次郎6段と渡米,エールなど各地の大学で柔道指南。渡欧して各国で興行試合をし,158cmの短躯であらゆる格闘技の巨漢に連戦連勝,「高麗伯爵」として雷名を轟かせた。メキシコでの3000ドル賭勝負は有名。中南米を経て大正4(1915)年ブラジル入り,のちベレン市に定住。日本移民のアマゾン進出に献身的に貢献した。講道館精神の異端児ながら柔道の世界宣伝者の威力で破門はなし。

(前山隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

前田光世の関連キーワードヒクソン グレイシーブラジリアン柔術グレイシー柔術前田 光世BJJ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前田光世の関連情報