前田治脩(読み)まえだ はるなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田治脩 まえだ-はるなが

1745-1810 江戸時代中期-後期の大名。
延享2年1月4日生まれ。前田吉徳(よしのり)の10男。出家して闡真(せんしん)と称していたが,還俗(げんぞく)して兄重教(しげみち)の養子となり,明和8年加賀金沢藩主前田家11代。寛政4年藩校明倫堂,経武館を創立。文化7年1月7日死去。66歳。初名は利有(としあり)。通称は時次郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

前田治脩

没年:文化7.1.7(1810.2.10)
生年:延享2.1.4(1745.2.1)
江戸時代の外様大名。加賀(金沢)藩第11代藩主。6代藩主前田吉徳の8男。母は側室寿清院(園田氏)。宝暦11(1761)年出家。兄の7代宗辰,8代重煕,9代重靖,10代重教と相次いで短期間で死去したため,越中の勝興寺僧籍にあった治脩が明和5(1768)年還俗して同8(1771)年11代藩主となる。その治政は藩財政の逼迫や士庶の困窮,士風の退廃などに対して,藩士よりの借知と倹約,貧村成立方仕法,高請卸方仕法,高方仕法など相つぐ農政改革や風教の刷新のため,忠孝節義の表彰を行う一方,藩校明倫堂や経武館を建設し士気の高揚を図るなど藩政の建て直しに力を注いだ。

(和泉清司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

前田治脩 (まえだはるなが)

生年月日:1745年1月4日
江戸時代中期;後期の大名
1810年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前田治脩の関連情報