前田真三(読み)まえだ しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田真三 まえだ-しんぞう

1922-1998 昭和後期-平成時代の写真家。
大正11年6月3日生まれ。日綿実業(現ニチメン)に勤務後,昭和42年フォトライブラリー丹渓(たんけい)を設立。60年写真集「奥三河」で毎日出版文化賞特別賞。一貫して風景にとりくみ,62年北海道美瑛(びえい)町にギャラリー拓真館を開設した。平成10年11月21日死去。76歳。東京出身。拓殖大卒。写真集はほかに「一木一草」「白い幻想」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前田真三の関連情報