コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上高地 かみこうち

7件 の用語解説(上高地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上高地
かみこうち

長野県西部,飛騨山脈南部の景勝地。古くは上河内,神河内 (神の庭の意) などと書かれた。焼岳の噴出物が梓川の谷を埋めてつくった標高約 1500mの小さな盆地で,穂高連峰,焼岳,六百山,霞沢岳などの高山に囲まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かみこうち〔かみカウチ〕【上高地】

長野県中西部、梓川(あずさがわ)上流の地域。松本市北西部にある。標高1500メートル中部山岳国立公園の中心で、穂高岳槍ヶ岳などへの登山基地。
[補説]もと、「上河内」「神河内」と書いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上高地【かみこうち】

長野県南安曇(みなみあずみ)郡安曇村(現・松本市)にある景勝地で,中部山岳国立公園の観光・登山中心地(特別名勝特別天然記念物)。焼岳の噴出物が梓(あずさ)川上流をせき止めてできた谷底盆地で標高1500m。
→関連項目徳本峠松本[市]焼岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かみこうち【上高地】

長野県北西部,南安曇(みなみあずみ)郡安曇村にある小盆地。特別名勝,特別天然記念物に指定された景勝地で,飛驒山脈(北アルプス)と前山の常念山脈の間を流れる梓川沿いにあり,槍沢と横尾谷との合流点から大正池まで長さ16km,幅が500mほどで,狭く細長い。この間梓川は1/100ほどの緩こう配で流れ,水量も豊かである。地形学者の中には,上高地の盆地は氷河のつくったU字谷であると主張している人もいる。上高地の地名はかつては盆地を示す神河内,上河内と書かれていたが,幕末の松本藩の公文書には上高地と書かれ,国土地理院の地形図にも明治以来同様な表記になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かみこうち【上高地】

長野県西端、松本市安曇あづみの地名。梓川上流部に位置する。南に焼岳、北に河童橋を配して穂高連峰を間近に望む景勝地。中部山岳国立公園の一部。海抜約1500メートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕上高地(かみこうち)


長野県西部、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)に抱かれた梓(あずさ)川源流部の河谷一帯のこと。梓川が焼(やけ)岳火山の溶岩流でせき止められた大正池(池面標高1490m)から上流部をいい、日本を代表する山岳美で知られる。特別名勝・特別天然記念物および天然保護区域に指定。穂高(ほたか)連峰をはじめとする2500~3000m級の峰々に囲まれた渓谷にシラカバ・カラマツなどの原生林が広がる。梓川河畔にはケショウヤナギの群落がみられる。カモシカ・アナグマなどの動物相も豊富。中部山岳屈指の渓谷美を誇り、中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園の中心地になっている。また北アルプス登山の玄関口でもあり、観光客数は年間約180万人。キャンプ場・自然研究路などの施設も完備。交通は国道158号から釜(かま)トンネル経由で県道が河童(かっぱ)橋近くまで通じる。年間を通して一般乗用車の入域制限がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上高地
かみこうち

長野県の中西部、北アルプス観光の中心地。松本(まつもと)市に属する。中部山岳国立公園に属し、特別保護地区、特別名勝、特別天然記念物などに指定され、優れた自然景観に特別の保護が加えられ、日本の代表的山岳観光地として知られる。[小林寛義]

自然

槍ヶ岳(やりがたけ)の南東から流下する梓(あずさ)川によって形成された小盆地で、焼岳(やけだけ)の噴出によって侵食基準面が上昇したため、梓川の勾配(こうばい)がこのあたりできわめて緩やかになり、その結果上流よりの砂礫(されき)が堆積(たいせき)して谷底に小平坦(へいたん)地を形成したものである。明神(みょうじん)池、田代(たしろ)池、大正池などの湖沼も点在する。この小盆地の北西側は、槍・穂高(ほたか)連峰から焼岳に続く山稜(さんりょう)が迫り、南東側には六百山(ろっぴゃくざん)、霞沢岳(かすみざわだけ)など2500~2600メートル級の山が絶壁状をなして盆地に迫っている。このため、盆地は北東から南西方向の紡錘状をなし、梓川はその長軸のようなかっこうになっている。盆地の平均高度は1500メートルで、周囲が高峻(こうしゅん)な山岳に囲まれ、梓川の清流など自然の美に恵まれている。気温も高所のため低く、年平均5℃、盛夏の日中でも20℃を超えることは珍しい。近年、上流および周囲の山腹より豪雨のたびに土砂が流入し、平年の推定で6万立方メートル、多い年には20万立方メートルにも達し、このため盆地を流れる梓川の河床が高まり、両岸の遊歩道より高くなり、このままでは現在の景観を維持できなくなるおそれが出てきた。[小林寛義]

歴史

上高地の名称については、神秘性のゆえに神河内であるとか、川の上流を意味する上河内から由来したなどの説がある。文献によれば、近世中期の享保(きょうほう)年間(1716~1736)に書かれた松本藩の官撰(かんせん)地誌『信府統記』に上河内とあり、これが寛政(かんせい)年間(1789~1801)まで続くので、上河内が最初の名称であろう。これが上高地に変わったのは、文化・文政時代(1804~1830)ごろからであることが当時の文書でわかる。
 上高地の開発は、松本藩の木材伐採から始まった。ここは近世松本藩領で、藩では享保年間に木材が搬出された記録があるから、それ以前から伐採は始められていたものと思われる。この結果、幕末にはほとんど平地の木は伐(き)り尽くされ、一面の原野になった。1884年(明治17)地元安曇村(現、松本市)の村民は、ここを牧場とする許可を得て、現在の徳沢園から大正池までのおよそ80町歩(約79万3600平方メートル)を借り牛馬を放牧した。この牧場時代が1934年(昭和9)まで続き、同年まで上高地牧場があった。翌年以降森林保護のため牧場が廃止され、幕末いったん皆伐に近い状態になった上高地の樹木が、天然や人工造林により今日の姿になった。[小林寛義]

登山と交通

松本藩の伐採人が入山したのは江戸前期ごろからと推定されるが、登山を目的とした入山では、1828年(文政11)越中(えっちゅう)富山出身の播隆上人(ばんりゅうしょうにん)が信仰のため槍ヶ岳へ登頂したのが最初である。明治10年代には、イギリス人冶金(やきん)技師W・ガウランドが1878年(明治11)に、そして1891年にはイギリス人宣教師W・ウェストンが入り、同時にこのころ日本の陸地測量部員や登山家小島烏水(こじまうすい)らも入山した。上高地登山道は伐木搬出のため早くから徳本峠(とくごうとうげ)越えの島々谷(しましまだに)ルートがあり、1891年幅6尺(約1.8メートル)の林道に改修され、この道が1933年(昭和8)9月まで本道として利用されていたが、梓川渓谷沿いの車道(国道158号など)の開業とともに利用者は少なくなった。しかし、上高地を巡る山々の景観を味わおうとする人々はいまもこの徳本峠越えの道を歩く。現在、梓川ぞいに上高地へ入るには、路線認可をうけたバス、タクシー、または徒歩によるほかはない(マイカー規制:通年)。自家用車は沢渡(さわんど)、または平湯(ひらゆ)の駐車場に停め、シャトルバスに乗り換えての入山となる。[小林寛義]

名勝地

上流からおもなものをあげると、明神岳(みょうじんだけ)直下に明神池がある。上高地の中心河童(かっぱ)橋より徒歩約1時間の上流で、穂高神社の奥宮があり、10月初旬に御船(おふね)神事がある。この近くに上高地開発に尽くしたガイド上条嘉門次(かみじょうかもんじ)の嘉門次小屋があるが、大部分改修し、当時の姿はわずかしかない。河童橋は上高地の中心部で、1920年(大正9)芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)が北アルプスに登り、そのときの経験で『河童』を発表したところから名づけられた。当時は丸太橋で1935年(昭和10)に釣り橋になり、現在のは5代目である。この両岸にはホテルや飲食店、上高地温泉などがあり、7月下旬の盛夏は雑踏する。橋上からみる奥穂高の山容や梓川両岸のケショウヤナギ、シラカンバ、カラマツの木々は上高地の代表的景観で、カラマツが紅葉する10月中旬橋からの焼岳の眺望はすばらしい。梓川の右岸にはウェストンを記念する碑があり、6月初旬にウェストン祭が行われる。大正池は上高地盆地の入口にあたり、河童橋とともに上高地の代表的名勝地。1915年焼岳の噴出物で梓川がせき止められてできた池で、当初は池中に枯れ木が立ち、幻想的な池であったが、相次ぐ土砂の流入で川のように狭くなってしまった。[小林寛義]
『『上高地』(1964・朋文堂) ▽横山篤美著・刊『上高地開発史 その1~4』(1966~1969) ▽宮本常一著『私の日本地図2 上高地付近』(1967・同友館) ▽横山篤美著『上高地開発史』(1971・山と渓谷社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上高地の関連キーワード蝶ヶ岳栂池高原針ノ木峠飛騨山脈・飛驒山脈長野県西部地震飛騨人奥飛騨アルプ飛騨古川飛騨守五郎八飛騨の匠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上高地の関連情報