剪刀(読み)セントウ

大辞林 第三版の解説

せんとう【剪刀】

はさみ。主に外科手術の際に用いる洋式のはさみをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐とう ‥タウ【剪刀】

〘名〙 (はさみ)のこと。特に外科医が用いる洋式のものを呼ぶこともある。
※経国集(827)一三・奉和搗衣引〈巨勢識人〉「四阿向暁風蕭踈、剪刀欲倦玉手冷」
※江戸繁昌記(1832‐36)四「遂に剪刀を挟て功を進む」 〔爾雅注‐釈言〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android