コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢識人 こせの しきひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢識人 こせの-しきひと

795?-? 平安時代前期の漢詩人。
延暦(えんりゃく)14年?生まれ。巨勢野足(のたり)の孫。弘仁(こうにん)5年(814)成立とされる「凌雲集」や「文華秀麗集」「経国集」などに詩がある。名は志貴人ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

巨勢識人の関連キーワードハドリアヌス1世レオ3世レオ(3世)減反生産数量目標全基停止後の地域経済公費解体制度タカタレオ逢坂関

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android