コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢識人 こせの しきひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢識人 こせの-しきひと

795?-? 平安時代前期の漢詩人。
延暦(えんりゃく)14年?生まれ。巨勢野足(のたり)の孫。弘仁(こうにん)5年(814)成立とされる「凌雲集」や「文華秀麗集」「経国集」などに詩がある。名は志貴人ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巨勢識人の関連キーワードハドリアヌス1世レオ3世レオ(3世)減反生産数量目標全基停止後の地域経済公費解体制度タカタレオ逢坂関

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android