副交感神経遮断剤(読み)ふくこうかんしんけいしゃだんざい(英語表記)parasympathetic blockers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

副交感神経遮断剤
ふくこうかんしんけいしゃだんざい
parasympathetic blockers

抗コリン作動性薬物のこと。アセチルコリンは,アセチルコリン受容体と結合して涙液や消化液の分泌促進,平滑筋収縮,血管拡張,心拍数減少など,ムスカリン様作用を示すが,この作用と競合的に拮抗する薬剤である。アトロピンスコポラミンが代表的で,そのほかホマトロピン,メチルマトロピン,メチルスコポラミン,ブチルスコポラミンなど,合成によってつくられた多くのアトロピン代用薬がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android