コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副咽頭間隙腫瘍 ふくいんとうかんげきしゅようTumor of the Parapharyngeal Space

家庭医学館の解説

ふくいんとうかんげきしゅよう【副咽頭間隙腫瘍 Tumor of the Parapharyngeal Space】

[どんな病気か]
 副咽頭間隙に発生する腫瘍には、耳下腺腫瘍(じかせんしゅよう)、神経原性腫瘍(しんけいげんせいしゅよう)などがあります。またこの部位は、リンパ流が非常に豊富なので、頭頸部(とうけいぶ)領域の悪性腫瘍のリンパ節転移がおこりやすいところです。
[症状]
 腫瘍が小さいうちはまったく症状がみられませんが、大きくなると、扁桃(へんとう)が後上方から押し出されたようになり、のどの違和感、くびの腫(は)れなどがおこります。
 良性腫瘍は痛みや神経のまひ症状はでませんが、悪性腫瘍やがんの転移であれば痛みやまひ症状がみられます。
[治療]
 診断には、CTやMRIが有効です。また、腫瘍につながる血管を確認するため、血管造影が行なわれることもあります。
 大きくなれば、頭蓋内(ずがいない)に進展していくこともあるので、手術をして腫瘍を摘出します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android