コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副咽頭間隙腫瘍 ふくいんとうかんげきしゅよう Tumor of the Parapharyngeal Space

1件 の用語解説(副咽頭間隙腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ふくいんとうかんげきしゅよう【副咽頭間隙腫瘍 Tumor of the Parapharyngeal Space】

[どんな病気か]
 副咽頭間隙に発生する腫瘍には、耳下腺腫瘍(じかせんしゅよう)、神経原性腫瘍(しんけいげんせいしゅよう)などがあります。またこの部位は、リンパ流が非常に豊富なので、頭頸部(とうけいぶ)領域の悪性腫瘍リンパ節転移がおこりやすいところです。
[症状]
 腫瘍が小さいうちはまったく症状がみられませんが、大きくなると、扁桃(へんとう)が後上方から押し出されたようになり、のどの違和感、くびの腫(は)れなどがおこります。
 良性腫瘍は痛みや神経のまひ症状はでませんが、悪性腫瘍やがんの転移であれば痛みやまひ症状がみられます。
[治療]
 診断には、CTやMRIが有効です。また、腫瘍につながる血管を確認するため、血管造影が行なわれることもあります。
 大きくなれば、頭蓋内(ずがいない)に進展していくこともあるので、手術をして腫瘍を摘出します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

副咽頭間隙腫瘍の関連キーワード膀胱癌何心地不死身プリマドンナ咽頭化咽頭歯雲形病(オーチャードグラス)うどんこ病(ライグラス)雲形病(リードカナリーグラス)黒カビ病