副腎髄質ホルモン(読み)フクジンズイシツホルモン

精選版 日本国語大辞典「副腎髄質ホルモン」の解説

ふくじんずいしつ‐ホルモン【副腎髄質ホルモン】

〘名〙 (ホルモンはHormon) 副腎髄質から分泌されるホルモン。アドレナリンのこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「副腎髄質ホルモン」の解説

副腎髄質ホルモン

 副腎の髄質が分泌するホルモンすなわちエピネフリン,ノルエピネフリン.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の副腎髄質ホルモンの言及

【アデニル酸シクラーゼ】より

…高等動物において重要な活性化因子はホルモンである。副腎髄質ホルモン(アドレナリンノルアドレナリン)や膵臓ペプチドホルモン(グルカゴン)による活性化はよく知られている。これらのホルモンにより酵素の触媒活性は高まり,その結果ATPより生成するcAMPの濃度が上昇し,グリコーゲン分解の促進,および血糖量の上昇がひきおこされる。…

【ホルモン】より

…他の魚類は11‐デオキシコルチゾルか11‐デオキシコルチコステロンを分泌する。(9)副腎髄質ホルモン 副腎のカテコールアミン生産組織から分泌されるもので,ノルアドレナリンアドレナリンがある。一般に高等脊椎動物ではアドレナリンを多く分泌する。…

※「副腎髄質ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android