髄質(読み)ずいしつ

精選版 日本国語大辞典「髄質」の解説

ずい‐しつ【髄質】

〘名〙 生物のある器官で内層と外層とで構造や機能が異なる場合に、外層の皮質に対して内層をいう。大脳髄質、副腎髄質など。
※整容(1940)〈小幡恵津子〉現代のお化粧「そしてその下には皮質があり、更にその中心には髄質があります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の髄質の言及

【胸腺】より

… 胸腺の表面は結合組織性の被膜につつまれ,そのつづきが実質の中に入り,小葉間結合組織となって実質を数多くの小葉lobuleに分けている。各小葉を見ると,その表層は皮質cortexとよばれ,細胞が密集し,中心部は細胞が皮質に比べるとまばらで,髄質medullaとよばれている。皮質,髄質をとわず細胞にはリンパ球,上皮性細網細胞,マクロファージの3種がある。…

※「髄質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android