割矧(読み)わりはぎ

百科事典マイペディア「割矧」の解説

割矧【わりはぎ】

寄木造に用いる技法の一つ。干割れ乾燥によるのゆがみを防ぐための処置で,元来一木であった材料を割り放し内刳(うちぐり)を施したのちに密着させ接合すること。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android