コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内刳 うちぐり

3件 の用語解説(内刳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内刳
うちぐり

木像の内部をえぐり空洞にする技法。乾燥による亀裂の防止,重量の軽減のために行われた。古くは法隆寺百済観音』に施され,下って平安時代の木像には盛んに用いられた。木芯を底からくりぬく方法,背面からえぐって (背刳) 別板を当てる方法,像を2つ割りにして内部をえぐり,再びはぎ合せる割りはぎの方法などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

内刳【うちぐり】

木造彫刻で,乾燥による干割れを防ぐために内部を刳り抜くこと。一木造の場合は像の背部から刳り(背刳(せぐり)),背板を当てることがある。寄木造では内部に大きく内刳が施されるのが普通。
→関連項目割矧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内刳
うちぐり

彫刻用語。木造彫刻の内部を刳(く)って空洞にすること。木材の中心をとらずに彫刻すると、心部と表面との乾燥度の違いで干割(ひわ)れができ、像をだいなしにしてしまう。内刳は干割れを防ぎ、像の重量を減ずるためになされる。立像は背中から、座像は背部や像底から刳るのが普通で、背中から彫り取るのを、とくに背刳(せぐり)という。内刳の鑿跡(のみあと)の精粗や肉の厚さで、ある程度の時代の判定が可能である。内刳による空洞を利用して、ここに納入品を入れたり、内表面に造像銘などを記すこともある。平安時代中期になると、寄木造(よせぎづくり)の発達で肉が薄くなり、内刳面を平滑にし、漆を塗ったり、金銀箔(はく)を貼(は)った像もある。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内刳の関連情報