コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄木造 よせぎづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄木造
よせぎづくり

仏像制作上,いくつかの木をはぎ合せて仕上げる方法。定朝により一定の法則が完成された。一木造には大木が必要であるが,寄木造では小木巨像を造ることができ,また仏像の需要が増したことにより,1体の像を同時に多数の仏師で能率的に制作するため,平安時代中期頃から始った。重量が軽くなり,木の狂いがないなどの利点もあり,以後はほとんどこの方法で造像されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

寄木造【よせぎづくり】

木造彫刻の技法の一つ。頭部と胴部とを別の木材に彫り,内刳(うちぐり)ののち,それらをはぎ合わせて造る手法で木寄法ともいう。一般的には10世紀後半からはじまり,定朝(じょうちょう)作平等院阿弥陀如来像が完成形とされる。
→関連項目藤原時代

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よせぎづくり【寄木造】

木彫像の主要部分を複数の材から作る技法およびその構造をいう。主要部分を一つの材で作る一木造に対応する語である。像の根幹部分である頭,体が前後の二材で寄せ合わされた〈前後矧ぎ(はぎ)〉,左右二材を矧ぎ付けた〈正中(せいちゆう)矧ぎ〉,前後左右に田の字型に四材を矧ぎ付けたもの,さらにそれ以上の材を用いるものなどがある。像の根幹部を複数の材で作ることは白鳳時代の中宮寺弥勒菩薩像に例があるが,これは特異な木寄法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄木造
よせぎづくり

木彫仏の主要部分に複数の材を用いた像、またはその構造。一木(いちぼく)造でも、腕や坐像(ざぞう)の膝(ひざ)などの付加的部分は別材を継ぐのが普通だが、寄木造は頭や胴などの主要な躯幹(くかん)部を計画的な規則正しい用法(木寄(きよせ)法)によって、前後または左右に二材、あるいは前後左右の田の字形に四材を継ぎ合わせて構成したものである。木寄法の完成者と伝えられる仏師(ぶっし)定朝(じょうちょう)作の平等院鳳凰(ほうおう)堂の阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像(1053)では、前後左右の四材を頭体のほぼ中央で継ぎ、背面二材のみを首筋で割り矧(は)いでおり、膝は前後二材からなるという典型的な寄木造となっている。寄木造の先駆的技法は、すでに奈良時代前期(白鳳(はくほう)時代)の中宮寺弥勒菩薩(みろくぼさつ)像にみられるが、これが多用されるようになるのは一木造全盛期を経た11世紀初めごろからで、12世紀には簡便化が進んで細かい材を組み合わせるようになり、鎌倉時代には、それまで割矧(わりはぎ)によって頭部と胴部を離していたのを、頭部だけ別材にして胴部に差し込む方法(差首(さしくび))がとられるようになった。
 寄木造はもともと大像の場合に効果があるが、室町・江戸時代になると材の節約のためか小像にまで用いられた。寄木造は、仮組みした材に像の輪郭などを墨入れしたうえで、いったんばらばらに解いて彫刻し、組み上げて仕上げるという方法をとるため、各材を何人かの仏師が担当する人海作戦も可能で、おびただしい造像の注文にも効果的に応ずることができ、さらに、材の肉をごく薄く仕上げることで重量の軽減や干割(ひわ)れを防止できるという特長がある。
 寄木造の基礎は、奈良時代の乾漆像に用いられた木心(もくしん)制作の技法が発展したものとも、中国の造像技術から得たものともいわれるが、日本の寄木技術は中国でさえ及ばないような極度の発達を遂げている。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寄木造の言及

【平安時代美術】より

…それはたしかに奈良時代の古典様式とたたえられる調和的な様式から,それを破る方向への移行としてとらえられる。しかしその時期は短く,時代様式とするには少し統一性に欠けるなど,問題もあり,またこの時期に特徴的な一木彫像を技法的にみた場合,それは木彫技法の完成態である寄木造への過渡的なものとする見方も可能であろう。そう考えるならば,平安時代美術は11世紀における貴族文化を背景とした和様ないし国風美術の完成を頂点に,それ以前は奈良時代の外来様式影響下に完成された古典様式からの脱皮と和様化の時期であり,それ以後は和様美術の展開と推移の時期として,およそ前,中,後の3分期でとらえられるのである。…

※「寄木造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄木造の関連キーワード平安時代の美術盛岡(市)胎内文書藤原彫刻仏像彫刻精華町胎内仏神像康尚木彫割矧

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄木造の関連情報