割笄(読み)さきこうがい

大辞林 第三版の解説

さきこうがい【割笄】

笄の一。元が一つで先が二つに分かれている笄。
婦人の髪の結い方。島田に似て髪の余りを千鳥掛けに笄に巻きつけたもの。さきこうがいまげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わり‐こうがい ‥かうがい【割笄】

〘名〙 江戸時代、刀剣の鞘(さや)の付属品の一つ。二本に割れるようにした笄。金属でつくり、刀の差表(さしおもて)にはさみ、髪をかき上げたり、箸(はし)の代わりに用いたりした。さきこうがい。
雑俳・すがたなぞ(1703)「箸捨てわりかうかいで食を喰」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android