割賦(読み)カップ

  • わっぷ
  • わりふ
  • 割賦/割符

デジタル大辞泉の解説

代金を何回かに分けて支払うこと。また、そういう支払い方法。月賦・年賦の類。分割払い。→割賦(わっぷ)
《「わりふ」の音変化》
負債・代金などを月賦・年賦などで何回かに分割して支払うこと。かっぷ。
何回かに割り当てて配ること。配分。
「夫々ににあはせて―いたすつもり」〈地獄楽日記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わっぷ割賦
わりふの転
借金の返済・代金の支払いなどを月賦・年賦など、何回かに分けて行うこと。かっぷ。割賦償還。
割り当てること。配当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の割賦の言及

【分散】より

…江戸時代における破産をさす語。割賦(割符)(わつぷ)ともいう。しばしば〈身代限(しんだいかぎり)〉と混同され,明治初年には両者が制度的に合体するが,江戸幕府法上は,裁判所による強制執行としての〈身代限〉と,債権者・債務者間の契約による〈分散〉とを,明確に区別している。…

※「割賦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

割賦の関連情報