割賦(読み)ワップ

デジタル大辞泉「割賦」の解説

わっ‐ぷ【割賦/割符】

《「わりふ」の音変化》
負債・代金などを月賦・年賦などで何回かに分して支払うこと。かっぷ
何回かに割り当てて配ること。配分。
「夫々ににあはせて―いたすつもり」〈地獄楽日記〉

かっ‐ぷ【割賦】

代金を何回かに分けて支払うこと。また、そういう支払い方法。月賦・年賦の類。分割払い。→割賦わっぷ
[類語]分割払い月賦月販年賦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「割賦」の解説

かっ‐ぷ【割賦】

〘名〙 代金などの支払いを、何回かに分けて行なうこと。分割払い。賦払い

わり‐ふ【割賦】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の割賦の言及

【分散】より

…江戸時代における破産をさす語。割賦(割符)(わつぷ)ともいう。しばしば〈身代限(しんだいかぎり)〉と混同され,明治初年には両者が制度的に合体するが,江戸幕府法上は,裁判所による強制執行としての〈身代限〉と,債権者・債務者間の契約による〈分散〉とを,明確に区別している。…

※「割賦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android