コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

創世記の物語

1件 の用語解説(創世記の物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

創世記の物語

イタリアの彫刻家・画家・建築家ミケランジェロの絵画(1508-12)。原題《Storie del Genesi》。ローマ教皇ユリウス2世の命により制作された、バチカンシスティナ礼拝堂の天井のフレスコ画旧約聖書の「創世記」から九つの場面が描かれ、はじめの三つの場面は特に『天地創造』を呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

創世記の物語の関連キーワードカラーラギベルティサンソビーノフィラレーテミケランジェロミケランジェリイタリアン聖家族と幼児洗礼者ヨハネトンド・ドーニ《彫刻家,画家,建築家のイデア》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

創世記の物語の関連情報