功入る(読み)コウイル

デジタル大辞泉の解説

功(こう)入(い)・る

経験を積む。修練を重ねる。
「いみじう―・りたる声の、少し枯れたるして」〈狭衣・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう【功】 入(い)

年功を経る。経験を積む。修練を積む。功を入る。
※狭衣物語(1069‐77頃か)二「いみじうこういりたる声の、〈略〉千手(せんず)経をぞ読むなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる