コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加堂秀三 かどう しゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加堂秀三 かどう-しゅうぞう

1940-2001 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和15年4月11日生まれ。高校中退後,研磨工,印刷工,コピーライターなどさまざまな職につきながら「潮流詩派」などに詩を発表する。小説に転じ,昭和45年「町の底」で小説現代新人賞,55年「涸滝」で吉川英治文学新人賞。平成13年2月2日死去。60歳。大阪出身。作品はほかに「舞台女優」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加堂秀三の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアトリエ・ワン[各個指定]芸能部門ナンシー(Jean-Luc Nancy)危機黒沢清奈良美智

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android