コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺山修司 てらやましゅうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺山修司
てらやましゅうじ

[生]1935.12.10. 青森
[没]1983.5.4. 東京
歌人,劇作家演出家,詩人。早稲田大学国語国文科中退。高校の頃から詩才に注目され,大学進学後,短歌 50首『チェホフ祭』 (1954) で『短歌研究』新人賞受賞。「私」性を排したロマンとしての短歌で戦後短歌史に新しい1ページを開いた。 1960年処女長編戯曲血は立ったまま眠っている』を発表。 67年に横尾忠則らと実験演劇室「天井桟敷」を結成,見世物復権を唱え,徹底した前衛性と市街の劇場化などで国内外にセンセーションを巻き起した。代表作に『毛皮マリー』 (67) ,『奴婢訓』 (78) など。『田園に死す』 (74) などの映画や,エッセイ,評論でも鋭い感性と独自の視点を表わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

寺山修司

1935年青森県生まれ。18歳で俳句雑誌を創刊し、24歳で戯曲を書く。31歳で演劇実験室「天井桟敷」を設立。舞台「毛皮のマリー」「身毒丸」「レミング」を手がけ、著書に「書を捨てよ、町へ出よう」「ポケットに名言を」「家出のすすめ」などがある。83年5月4日、47歳で死去した。

(2015-04-13 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

寺山修司【てらやましゅうじ】

歌人,詩人,劇作家,演出家,映画監督。青森県生れ。早大中退。俳句を中心として文学活動を始め,ついで短歌に転じて,1950年代後半には前衛短歌の代表的歌人と目される。
→関連項目浅川マキ粟津潔伊丹十三唐十郎篠田正浩小劇場演劇鈴木忠志相米慎二塚本邦雄中井英夫横尾忠則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺山修司 てらやま-しゅうじ

1935-1983 昭和時代後期の歌人,劇作家。
昭和10年12月10日生まれ。昭和29年「チエホフ祭」50首で「短歌研究」新人賞。以後,戯曲,シナリオ,小説,評論などの作品を発表。42年横尾忠則らと劇団天井桟敷を結成し,前衛演劇活動を国内外で展開した。昭和58年5月4日死去。47歳。青森県出身。早大中退。歌集に「血と麦」,戯曲に「血は立ったまま眠っている」,映画監督作品に「田園に死す」など。
【格言など】書を捨てよ,町へ出よう(昭和44年刊の書名)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てらやましゅうじ【寺山修司】

1935‐83(昭和10‐58)
歌人,詩人,劇作家,演出家,映画監督,競馬評論家。青森県に生まれる。早稲田大学中退。高校時代に俳句を中心とした文学活動を展開,山口誓子,橋本多佳子らの知遇を得る。のち短歌に転進,1954年〈チェホフ祭〉50首で短歌研究新人賞を受賞,詩壇歌壇の注目を集める。ネフローゼ発病のため数年の入院生活を送るが,代表歌〈マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや〉(《空には本》)は当時の作品。59年,ラジオ・ドラマ《中村一郎》により民放祭大賞を受賞,劇作家としての才能を示し,《血は立ったまま眠っている》(1960)などの戯曲を次々に発表する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てらやましゅうじ【寺山修司】

1935~1983) 歌人・劇作家。青森県生まれ。早大中退。歌人として出発、劇団「天井桟敷さじき」を設立、前衛演劇活動を展開。歌集「空には本」「血と麦」、劇作「青森県のせむし男」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺山修司
てらやましゅうじ
(1935―1983)

詩人、歌人、劇作家、シナリオライター、映画監督。昭和10年12月10日青森県に生まれる。早稲田(わせだ)大学教育学部国文科中退。青森高校時代に俳句雑誌『牧羊神』を創刊、中村草田男(くさたお)らの知遇を得て1953年(昭和28)に全国学生俳句会議を組織。翌1954年早大に入学、『チェホフ祭』50首で『短歌研究』第2回新人賞を受賞、その若々しい叙情性と大胆な表現により大きな反響をよんだ。この年(1954)ネフローゼを発病。1959年谷川俊太郎(しゅんたろう)の勧めでラジオドラマを書き始め、1960年には篠田正浩(しのだまさひろ)監督『乾いた湖』のシナリオを担当、同年戯曲『血は立ったまま眠っている』が劇団四季で上演され、脱領域的な前衛芸術家として注目を浴びた。1967年から演劇実験室「天井桟敷(さじき)」を組織して旺盛(おうせい)な前衛劇活動を展開し続けたが、昭和58年5月4日47歳で死去。歌集に『空には本』(1958)、『血と麦』(1962)、放送の分野では『山姥(やまうば)』(1964。イタリア賞受賞)、『犬神の女』(1965。久保田万太郎賞受賞)、舞台の代表作に『青森県のせむし男』『毛皮のマリー』(ともに1967)、市街劇『人力飛行機ソロモン』(1970)、市街劇『ノック』(1975)、『奴婢訓(ぬひくん)』(1978)、映画監督作品に『田園に死す』(1974)など。多くの分野に前衛的秀作を残し、既成の価値にとらわれない生き方を貫いた。[大笹吉雄]

資料 監督作品一覧

檻囚(おり)(1962)
書を捨てよ町へ出よう(1971)
トマトケチャップ皇帝(1971)
ジャンケン戦争(1971)
田園に死す(1974)
蝶服記(1974)
ローラ(1974)
青少年のための映画入門(1974)
迷宮譚(たん)(1975)
審判(1975)
疱瘡(ほうそう)譚(1975)
マルドロールの歌(1977)
一寸法師を記述する試み(1977)
影の映画 二頭女(にとうおんな)(1977)
消ゴム(1977)
ボクサー(1977)
書見機(1977)
支那人形(1980)
上海異人娼館 チャイナ・ドール(1981)
草迷宮(1983)
さらば箱舟(1984)
『『寺山修司全歌集』(1982・沖積舎) ▽『寺山修司全詩歌句』(1986・思潮社) ▽『寺山修司戯曲全集』全3巻(1982~1983・劇書房) ▽寺山修司他著『寺山修司の世界』(1983・新評社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の寺山修司の言及

【前衛劇】より

…【利光 哲夫】
[日本における新しい演劇]
 日本においても1960年代・70年代,とくに67年以降70年代前半にかけては,〈新しい演劇〉の活動がきわめて活発に行われた時期であった。具体的には,当時の新聞紙上を一種の風俗的な〈事件〉としても賑わすことの多かった,唐十郎(からじゆうろう),寺山修司あるいは鈴木忠志(ただし),佐藤信(まこと)などの活動であるが,これらは当時,〈アンダーグラウンド演劇〉あるいはしばしば略して〈アングラ演劇〉などという名前で,マスコミに総称されていた。この〈アングラ演劇〉という名称は,もとをただせば英語からの移入であるが,実際にいくつか現れた地下劇場なども念頭に置いて,その劇的想像力の上で白昼的であるよりは地下的な,体制的であるよりは反体制的な,一群の新しい演劇の全体的傾向をとらえて,ジャーナリズムが命名を行い,しだいに定着していったものと思われる。…

【パフォーマンス】より

…ともに1960年創立の〈グループ音楽〉(小杉武久,刀根康尚,塩見千枝子ほか),〈ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ〉(篠原有司男(うしお),吉村益信,風倉省作ほか),62年10月の車中パフォーマンス《山手線事件》や63年5月の街頭パフォーマンス《第一次ミキサー計画》のメンバーによる〈ハイレッド・センター〉(赤瀬川原平,中西夏之,高松次郎ほか)などは,互いに相互関係をもっただけではなく,〈暗黒舞踏〉の土方巽(ひじかたたつみ)や実験映画グループ〈ヴァン映画科学研究所〉(足立正生ほか)などとも,また海外の〈フルクサス〉とも横断的な関係をもった。 1960年代の日本のパフォーマンス活動が与えた影響には計り知れないものがあり,その遺産を演劇や映画に活用した芸術家の一人として寺山修司がいる。70年代の日本のパフォーマンス活動そのものは,田中泯(みん)らの〈舞踏〉を除くと,全体として活気に乏しかったが,84年にナムジュン・パイクNam Jun Paik(1932‐ )とヨゼフ・ボイス(いずれも〈フルクサス〉のメンバー),より若い世代のローリー・アンダーソンLaurie Anderson(1947‐ )が来日し,〈パフォーマンス・ブーム〉が再燃しはじめ,ビデオやコンピューターの電子テクノロジーを駆使した新しいパフォーマンスも試みられるようになった。…

※「寺山修司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寺山修司の関連キーワード幻想市街劇「田園に死す」三沢編涙を、獅子のたて髪に三沢市歴史民俗資料館三沢市寺山修司記念館夕陽に赤い俺の顔青森県三沢市三沢青森県近代文学館アダムとイブわが恋の旅路青森県三沢市下馬 二五七さらば箱舟山田富士郎寺山 修司小野寺修二流山児祥蜂谷眞未劇団四季倉敷あみ福士惠二

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺山修司の関連情報