コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加積りんご

2件 の用語解説(加積りんごの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加積りんご

1905年に旧加積村吉島の富居太次郎氏が、県内で初めてリンゴを栽培したのが始まりとされる。37年に加積りんご組合が設立された。当時の組合員は20人で、栽培面積は約16ヘクタール。51年には加積りんご研究会を発足させ、栽培技術の向上に努めてきた。完熟ふじは、贈答用高級りんごとして県内外で知られている。90年からはふじを使ったリンゴジュースの販売も始めた。

(2006-11-21 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加積りんごの関連キーワード奥村吉兵衛松村吉冬陶朱猗頓の富名に旧る世に旧るトロイカ体制岩崎グループ上村吉弥(3代)田村吉茂中村吉右衛門(旧・2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加積りんごの関連情報