コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加積りんご

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

加積りんご

1905年に旧加積村吉島の富居太次郎氏が、県内で初めてリンゴを栽培したのが始まりとされる。37年に加積りんご組合が設立された。当時の組合員は20人で、栽培面積は約16ヘクタール。51年には加積りんご研究会を発足させ、栽培技術の向上に努めてきた。完熟ふじは、贈答用高級りんごとして県内外で知られている。90年からはふじを使ったリンゴジュースの販売も始めた。

(2006-11-21 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

加積りんご

富山県魚津市加積地区およびその周辺で生産されるリンゴ。品種は「ふじ」が主。地域団体商標

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

加積りんご[果樹類]
かづみりんご

北陸甲信越地方、富山県の地域ブランド。
魚津市加積地区及びその周辺地域において生産されるりんご。主力品種はふじ。全国のりんご生産地のなかでは比較的南に位置するため、霜や実の凍結の恐れがなく、樹の上で十分に完熟するのを待って収穫することができる。糖度が高く、蜜のつまった甘いりんごになる。2008(平成20)年4月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5125240号。地域団体商標の権利者は、魚津市農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

加積りんごの関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府フランス社会党ベンガル分割

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android