コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納氏 かのううじ

世界大百科事典 第2版の解説

かのううじ【加納氏】

近世大名。三河国の出身。徳川家康に仕えるが,1603年(慶長8)久利のとき,家康の子頼宣に付けられて紀州徳川家家臣となる。1716年(享保1)加納久通のとき,吉宗の将軍就任にともなって幕臣に復帰。以後加増を繰り返し,26年に1万石,のち1万3000石となる。1826年(文政9)久儔(ひさとも)のとき,陣屋を上総一宮に移し,以後幕末に至る。当主は従五位下遠江守などに叙任側衆若年寄などの要職就任者を多く出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加納氏の関連キーワード三重(県)加納諸平近世大名一宮町

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加納氏の関連情報