コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納久通 かのう ひさみち

3件 の用語解説(加納久通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納久通 かのう-ひさみち

1673-1748 江戸時代中期の大名。
延宝元年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩主徳川吉宗につかえる。吉宗の8代将軍就任とともに幕臣となり,享保(きょうほう)11年(1726)伊勢(いせ)(三重県)東阿倉川藩主加納家初代(1万石)となる。有馬氏倫(うじのり)とともに側用取次をつとめ,享保の改革には,氏倫と協力して指導的役割をはたした。吉宗の将軍辞任後も,若年寄としてつかえた。寛延元年8月19日死去。76歳。通称は孫市,角兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加納久通

没年:寛延1.8.17(1748.9.9)
生年:延宝1(1673)
江戸前・中期の幕臣,大名。通称は孫市,角兵衛。実父は加納政直。紀州(和歌山)藩士加納角兵衛久政の養子。5代藩主徳川吉宗に仕え,御用役兼番頭となる。享保1(1716)年主君吉宗の将軍家相続に伴って幕臣となり,新設の御側御用取次に就任し,采地1000石を与えられ,従五位下近江守(のち遠江守)に叙任。翌2年1000石,11年8000石を加増され,1万石の大名に取り立てられた。同僚の有馬氏倫と共に享保の改革政治に参画して大きな役割を果たしたが,延享2(1745)年吉宗の隠退後,西ノ丸若年寄に転出した。久通は「おいらかにつつしみふか」い性格で,吉宗の信頼が厚かったという。

(深井雅海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かのうひさみち【加納久通】

1673‐1748(延宝1‐寛延1)
江戸中期の幕臣,政治家。通称孫市のち角兵衛。近江守のち遠江守。紀州徳川家の家臣。吉宗について幕府に入り,同じく紀州からの家臣有馬氏倫(うじのり)と2人で側用取次となり,吉宗のブレーンとして享保改革を指導する。氏倫が切れ者できつい性格であったのにたいし,久通は温和重厚でよく氏倫の欠点を補ったといわれる。1726年(享保11)万石に列せられ,45年(延享2)若年寄となり,大御所吉宗に付属される。【大石 慎三郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加納久通の関連キーワード堀利堅子子孫彦土岐二三多賀谷向陵小堀宗中有馬氏倫飯田義山堤等琳(初代)戸田光永戸田光煕

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone