コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側衆 そばしゅう

5件 の用語解説(側衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側衆
そばしゅう

江戸幕府の職名。江戸城に交代で宿直し,将軍の近くにあって小姓などを支配し,老中が退出する夜間はこれに代って城中の事務を処理した。定員は5~6名,7~8名で,うち3名は将軍と老中との御用取次ぎの任務にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そば‐しゅう【側衆】

江戸幕府の職名。将軍に近侍し、交替で宿直して城中の諸務を処理した。若干名の者は御側御用取次といい、将軍と老中以下諸役人との間の取り次ぎを行った。御側衆。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そばしゅう【側衆】

江戸幕府将軍近侍の役。将軍と表方役人との用件の取次ぎに当たるほか,小姓・小納戸など側近の役人の管理,奥向経費の点検,将軍非公式の使者,将軍出行の供奉などを務め,交代で宿直し,老中退出後は殿中の総務の責任者となった。4代将軍徳川家綱のとき1653年(承応2)創置を通説とするが,実体はすでに1630年代3代将軍家光の側近中根正盛に始まるとみてよい。役高5000石で旗本役であるが,大名が任ぜられることもまれではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そばしゅう【側衆】

江戸幕府の職名。将軍の側近にあって、小姓・小納戸・医師などを支配し、この中より側用取次そばようとりつぎが選ばれた。老中の下に属し、交代で宿直して、老中退出後はその職務を代行。御側衆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

側衆
そばしゅう

江戸幕府の職名。将軍側近の重職。1653年(承応2)創置。しかし、その起源は3代将軍徳川家光(いえみつ)の御側中根正盛(なかねまさもり)に求められる。員数は5~6人あるいは7~8人(老中支配、役高5000石、諸大夫(しょだいぶ))。交替で殿中に宿直し、日ごろ将軍に近侍して、奥向きの諸般のことをはじめ小姓(こしょう)、小納戸(こなんど)、医師などの進退を支配した。また老中退出後は、老中にかわって殿中のことを処理した。このうち二、三のものは御側御用取次(1716創置)と称し、毎日登城(宿直は免じられる)して、将軍と老中以下諸役人との間の御用掛を勤め諸事を取り扱った。大番頭(おおばんがしら)、留守居(るすい)とならび旗本の補任(ぶにん)される最高の役職の一つとされ、また将軍の側近から政務に関与し権勢を誇った。間部詮房(まなべあきふさ)や田沼意次(おきつぐ)のようにここから立身して大名に列したものがしばしばみられた。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

側衆の関連キーワード下馬将軍側用人数寄屋坊主奥詰奥坊主将軍職上覧相撲膳奉行鎮東将軍曾我尚祐

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone