コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側衆 そばしゅう

5件 の用語解説(側衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側衆
そばしゅう

江戸幕府の職名。江戸城に交代で宿直し,将軍の近くにあって小姓などを支配し,老中が退出する夜間はこれに代って城中の事務を処理した。定員は5~6名,7~8名で,うち3名は将軍と老中との御用取次ぎの任務にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そば‐しゅう【側衆】

江戸幕府の職名。将軍に近侍し、交替で宿直して城中の諸務を処理した。若干名の者は御側御用取次といい、将軍と老中以下諸役人との間の取り次ぎを行った。御側衆。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そばしゅう【側衆】

江戸幕府将軍近侍の役。将軍と表方役人との用件の取次ぎに当たるほか,小姓・小納戸など側近の役人の管理,奥向経費の点検,将軍非公式の使者,将軍出行の供奉などを務め,交代で宿直し,老中退出後は殿中の総務の責任者となった。4代将軍徳川家綱のとき1653年(承応2)創置を通説とするが,実体はすでに1630年代3代将軍家光の側近中根正盛に始まるとみてよい。役高5000石で旗本役であるが,大名が任ぜられることもまれではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そばしゅう【側衆】

江戸幕府の職名。将軍の側近にあって、小姓・小納戸・医師などを支配し、この中より側用取次そばようとりつぎが選ばれた。老中の下に属し、交代で宿直して、老中退出後はその職務を代行。御側衆。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

側衆
そばしゅう

江戸幕府の職名。将軍側近の重職。1653年(承応2)創置。しかし、その起源は3代将軍徳川家光(いえみつ)の御側中根正盛(なかねまさもり)に求められる。員数は5~6人あるいは7~8人(老中支配、役高5000石、諸大夫(しょだいぶ))。交替で殿中に宿直し、日ごろ将軍に近侍して、奥向きの諸般のことをはじめ小姓(こしょう)、小納戸(こなんど)、医師などの進退を支配した。また老中退出後は、老中にかわって殿中のことを処理した。このうち二、三のものは御側御用取次(1716創置)と称し、毎日登城(宿直は免じられる)して、将軍と老中以下諸役人との間の御用掛を勤め諸事を取り扱った。大番頭(おおばんがしら)、留守居(るすい)とならび旗本の補任(ぶにん)される最高の役職の一つとされ、また将軍の側近から政務に関与し権勢を誇った。間部詮房(まなべあきふさ)や田沼意次(おきつぐ)のようにここから立身して大名に列したものがしばしばみられた。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone