コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加背 かせ

大辞林 第三版の解説

かせ【加背】

〔鉱山用語〕
坑道やトンネルの断面積を表す語。例えば、四六しろくの加背は幅四尺、高さ六尺の坑道の断面のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

加背【かせ】

鉱山用語。坑道断面の大きさをいうときに使われ,たとえば七八の加背とは,幅が7尺(約2.1m),高さが8尺(約2.4m)の坑道の断面のこと。大加背は坑道の大断面をいい,加背割りは鉱体を坑道で分割することをいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かせ【加背 cross section of heading】

坑道の断面の大きさをいう鉱山独特の語。四六の加背,大加背,加背割りなどといった使い方をするが,それぞれ,幅4尺(約1.2m),高さ6尺(約1.8m)の坑道の断面,大断面,鉱体を坑道で分割することを意味している。【山口 梅太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

加背の関連キーワードワゴンドリル断面積

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android