コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤仁兵衛 かとう にへえ

1件 の用語解説(加藤仁兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤仁兵衛 かとう-にへえ

?-1640 江戸時代前期の陶工。
加藤景勝の子。尾張(おわり)(愛知県)の人。赤津窯本家加藤政高の7代をつぐ。慶長13年(1608)兄唐三郎(景貞)とともに美濃(みの)(岐阜県)土岐郡郷之木にうつる。15年名古屋藩主徳川義直に命じられ,赤津にもどり,御用窯をつとめた。寛永17年9月20日死去。名は景郷(かげさと)。古仁兵衛とよばれた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤仁兵衛の関連キーワードキリシタンブラガンサ朝ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)モントリオール条約米国の債務(借金)上限問題駒ケ岳

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone