コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤仁兵衛 かとう にへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤仁兵衛 かとう-にへえ

?-1640 江戸時代前期の陶工。
加藤景勝の子。尾張(おわり)(愛知県)の人。赤津窯本家加藤政高の7代をつぐ。慶長13年(1608)兄唐三郎(景貞)とともに美濃(みの)(岐阜県)土岐郡郷之木にうつる。15年名古屋藩主徳川義直に命じられ,赤津にもどり,御用窯をつとめた。寛永17年9月20日死去。名は景郷(かげさと)。古仁兵衛とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤仁兵衛の関連キーワードキリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝ピューリタン革命パチェコエキュジョアン[4世]ブラガンサ朝ルーベンスの家チャールズ1世

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android