加藤十次郎(読み)かとう じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「加藤十次郎」の解説

加藤十次郎 かとう-じゅうじろう

?-1863 幕末武士
因幡(いなば)鳥取藩士。目付役などをへて文久2年側役(そばやく)となる。側用人黒部権之介らとともに藩主池田慶徳(よしのり)を補佐。3年京都本圀(ほんこく)寺で黒部らが尊攘(そんじょう)に殺された際にはをのがれたが,同年8月18日自刃(じじん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android