コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤十次郎 かとう じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤十次郎 かとう-じゅうじろう

?-1863 幕末の武士。
因幡(いなば)鳥取藩士。目付役などをへて文久2年側役(そばやく)となる。側用人黒部権之介らとともに藩主池田慶徳(よしのり)を補佐。3年京都本圀(ほんこく)寺で黒部らが尊攘(そんじょう)派に殺された際には難をのがれたが,同年8月18日自刃(じじん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加藤十次郎の関連キーワード因幡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android