コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤十次郎 かとう じゅうじろう

1件 の用語解説(加藤十次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤十次郎 かとう-じゅうじろう

?-1863 幕末の武士。
因幡(いなば)鳥取藩士。目付役などをへて文久2年側役(そばやく)となる。側用人黒部権之介らとともに藩主池田慶徳(よしのり)を補佐。3年京都本圀(ほんこく)寺で黒部らが尊攘(そんじょう)派に殺された際には難をのがれたが,同年8月18日自刃(じじん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤十次郎の関連キーワード因幡因幡堂因幡堂縁起因幡山荒尾清心斎岡田星之助景山竜造黒部権之介仙石佐多雄松田市太夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone