コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤岸太郎 かとう きしたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤岸太郎 かとう-きしたろう

?-? 幕末の陶工。
加藤春珉(しゅんみん)の長男。尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。安政3年(1856)彦根藩窯湖東(ことう)焼にまねかれたが,3年後には出奔,福岡藩の須恵窯で磁器づくりに専念した。帰郷後は瀬戸の技術をよそにつたえた罪をおそれて謹慎。慶応2年(1866)名古屋藩のゆるしを得,陶祖(加藤景正(かげまさ))碑をつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤岸太郎の関連キーワード岸太郎金次

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android