加藤岸太郎(読み)かとう きしたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤岸太郎 かとう-きしたろう

?-? 幕末の陶工。
加藤春珉(しゅんみん)の長男。尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。安政3年(1856)彦根藩窯湖東(ことう)焼にまねかれたが,3年後には出奔,福岡藩の須恵窯で磁器づくりに専念した。帰郷後は瀬戸の技術をよそにつたえた罪をおそれて謹慎。慶応2年(1866)名古屋藩のゆるしを得,陶祖(加藤景正(かげまさ))碑をつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android