コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤治子 かとう はるこ

2件 の用語解説(加藤治子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤治子 かとう-はるこ

1922- 昭和-平成時代の女優。
大正11年11月24日生まれ。松竹少女歌劇団をへて昭和14年東宝映画にはいる。16年加藤道夫の新演劇研究会にくわわり,のち加藤と結婚,「なよたけ」の主演で注目される。38年劇団雲の結成に参加し「ヘンリー四世」などに出演。のちフリーとなり,「七人の孫」などテレビドラマの母親役で活躍。東京出身。旧姓は滝浪。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

加藤治子

日本の女優。1922年11月24日、東京都生まれ。10代で松竹少女歌劇団に入り、その後、東宝映画(現東宝株式会社)に移り映画デビュー。41年に芥川比呂志らが結成した新演劇研究会に入会し、49年には文学座に移って主役級の俳優として活躍。文学座が分裂すると、63年に現代演劇協会「雲」の創設に参加し、75年に退団してフリーとなった。60年代のホームドラマ「七人の孫」(TBS系列)のお母さん役で人気となり、74年の「寺内貫太郎一家」(TBS系列)や79年の「阿修羅のごとく」(NHK)などにも出演し広く知られた。映画は「マルサの女2」(88年)、「おとうと」(2009年)などに出演、声優として「魔女の宅急便」(1989年)、「ハウルの動く城」(2004年)などにも出演している。舞台「三婆」で菊田一夫演劇賞を、舞台「こんにちは、母さん」で読売演劇大賞最優秀女優賞などを受賞し、2002年には勲四等宝冠章を受章した。15年11月2日、心不全により死去。享年92。

(2015-11-9)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤治子の関連キーワード秋谷豊磯村英樹入沢宏香川桂子金井章北村太郎酒井光子寺田竹雄宮城千賀子山岡久乃

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤治子の関連情報