コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤靱負 かとう ゆきえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤靱負 かとう-ゆきえ

?-? 江戸時代後期の武士。
幕臣。天保(てんぽう)9年(1838)駿府町奉行。11年から林述斎(じゅつさい)監修の「徳川実紀」の編修にくわわったが,途中召還されて小普請組支配となる。のち一橋家家司(けいし)をへて留守居年寄役に転じ,文久2年和宮(かずのみや)降嫁の御用役をつとめた。名は正行

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤靱負の関連キーワード武士幕臣

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android